ガレ風スタイル照明

ガレと、花の様式の芸術アールヌ−ボ−。

花の様式とうたわれたヨーロッパ19世紀末の芸術―アールヌーボー。
エミール・ガレはこの時代を代表するガラス工芸作家として位置づけられています。
ガレの生み出したガラスの製法や、植物や樹木、昆虫といった自然をモチーフとしたデザインは今日に受け継がれておりますが
彼の開発した技術は時の流れの中で徐々に失われて行きました。
しかしルーマニアのBuzau地方だけはまだその伝統が生きているガラス工房が存在しており「ガレ風」のガラスいわゆる優れたレプリカ品を生み出しています。

ガレ風スタイル

< 前のページ
次のページ >
75件 [ 1-75 ]
< 前のページ
次のページ >
75件 [ 1-75 ]

RECOMMEND

CHECKED ITEMS